HOME>AED対応と平行して行いたい緊急連絡

AED対応と平行して行いたい緊急連絡

生命に関わる事態に遭遇した場合、AEDの使用と同時に、迅速な緊急連絡が大切です。
この機会に、救急車を要請する際の大切なポイントについて、おさらいしてみませんか。

大切なこと

予測してなかった緊急事態に遭遇した場合、落ち着こうと思っていても、動揺してしまうのが人間です。
救急車要請の電話を入れるときは、落ち着いて、はっきりと話すことが何よりも大切です。
落ち着いて話すことで状況を正確に説明でき、迅速で的確な対応へとつながります。
目の前の光景に動揺して気持ちが落ち着かないようであれば、一度空に目線を送り、深呼吸してみましょう。

110と119

日本には、緊急時の連絡先が2つあります。
救急車を要請したいときは、どちらの番号にかけるべきなのでしょうか。
まず、110は警察の緊急通報番号です。
事故や事件など、何かしらの問題が起こっていることを通報するときにかける番号です。
一方、119は救急車または消防車を要請したいときの番号です。
急病人の救助を要請したい場合は、この119にかけるべきだという認識を再確認しておきましょう。
この違いをしっかり認識しておくことで、正しく迅速な対応へとつながります。

必要事項

119にダイヤルすると、まず「火事ですか?救急ですか?」と質問されます。
急病人の救助要請であれば、「救急です」と返答してください。
次に、現在地をできるだけ正確に伝える必要があります。
正しい住所がベストですが、大きな目印となるものや、周りにどんなものが見えるかを伝えます。
続いて、要救助者の状況を分かりやすく説明します。
もし、その時点でAEDを使用しているのであれば、それも加えて説明してください。
最後に、必ず通報者の氏名と電話番号を聞かれますので、自分の携帯電話番号を覚えておくと慌てずに済みます。

通報の後に

もしAEDを使用していれば、119通報の後も続行しながら救急車の到着を待ちます。
サイレンの音が聞こえてきたら、救急車にアピールして場所までの誘導を率先してください。
ここまでを頭に入れておくと、緊急時にも落ち着いた対応につなげることができるでしょう。
いつ、どんなとき、どんな状況に遭遇するのか分かりません。
だからこそ、緊急時にも迅速に対応できるような知識を頭に入れておくことが大切です。
緊急時の通報・AEDの使用方法を知り、緊急時の対応に備えましょう。

当社では、全国の商店・企業・団体様に向けてAEDを販売しております。
専門店として、AEDが購入できる通販をお探しの方へ、価格面・機能面でおすすめできる商品をご紹介しております。

ご注文はコチラ

AEDについて学ぶ

ご注文~商品到着までの流れ

フォームよりご注文→お振込み→メーカーから直送