HOME>AED設置に伴う救命講習の重要性

AED設置に伴う救命講習の重要性

AEDが普及する前までは、救命講習にAEDを用いた心肺蘇生法の講習は含まれていませんでした。しかし、AEDの普及に伴い心肺蘇生法の講習が行われるようになりました。

救命活動は1分1秒でも早く行動することが大切ですが、緊急時にAEDを使いこなせる方はどれくらいいるでしょうか?使い方が簡単であっても、焦ってしまいAEDでの処置開始までに時間がかかるかもしれません。こちらでは、AED設置に伴う救命講習の重要性についてご紹介いたします。

救命講習とは

救命講習とは、自治体や消防署が行っている応急処置技能認定講習のことです。怪我の手当てや応急処置の方法をはじめ、AEDによる心肺蘇生法など大切な命を守るための知識を得られる講習です。

救急車が来るまでの間に応急処置を行うことで助かる命はたくさんあります。欧米諸国では応急手当が一般に普及しており、救命率も日本より高いです。
緊急時、周囲に人がいなかった場合、頼りになるのはあなたです。正しい応急処置の知識があれば、適切な応急手当をし、救急隊へ引継ぎ、医師へと命をつなぐことができます。

救命講習の重要性

事前に講習会で学ぶことにより、緊急時にも落ち着いて行動することができるようになります。心臓に何かしらの原因があり、倒れた場合は迅速にAEDで除細動を実施することで、救命率を向上させることができます。しかし、AEDを使用する前には必ず、心肺蘇生法を行わなければなりません。心肺が停止してから3分以内で脳細胞はダメになってしまいます。AEDの設置場所が遠かった場合など、心肺蘇生法を行い時間をつなぎましょう。

AEDの導入や購入をお考えの方は、講習会にもぜひ参加することをおすすめします。安い価格でAEDをお探しの方は、当社をご利用ください。
当社では、日本光電社製の高性能AEDを格安にて販売しております。他社製品のAEDと比較しても使用方法が分かりやすく、緊急時に迅速に使用することができます。AEDのメンテナンスも充実しておりますので、おすすめです。

ご注文はコチラ

AEDについて学ぶ

ご注文~商品到着までの流れ

フォームよりご注文→お振込み→メーカーから直送